白髪染めで「かぶれやすい」「肌荒れしやい」方必見!自分に適した白髪染めの選び方をご紹介しています。

【祝かぶれ卒業】肌荒れしない白髪染めを探している人のためのサイト

肌荒れしない白髪染め比較実験

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメント かぶれにくいのはどっち?

投稿日:2017年2月3日 更新日:

ヘアマニキュア ヘアカラートリートメント 白髪染め 肌荒れ

かぶれでジアミン系白髪染めを使えなくなると、どちらを使うべきか迷う方が多いようです。

  • ヘアマニキュア
  • ヘアカラートリートメント

この2つ、どういったメカニズムで白髪を染め上げてくれるのか、そしてかぶれ的に問題児ではないのか、情報を集めました。この試みにより、本当に相性のいい白髪染めを手に入れられることと思います。

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントの違い

 

ヘアマニキュア

ヘアカラートリートメント

 

染料

タール色素

HC染料

塩基性染料

天然染料

色もち

2週間~1ヶ月

1週間~2週間

使い方

乾いた髪に塗布して、15分程度置き、洗い流す。

乾いた髪に塗布して、15分程度置き、洗い流す。シャンプー後のトリートメントとしても使用可能。

染め上がり

お肌への優しさ/かぶれにくさ

2つとも、髪の毛自体の色を変えるジアミン系染料とは違い、表面に色をくっつける手法であることは同じです。ただ、ほんの少しの違いがあり、その違いこそお肌への影響となります。 

染料と色もち 

使われている染料が違いますので、色もちが変わってきます。

ヘアマニキュア:タール色素

 ヘアマニキュアは、タール色素という発色の良い色素が使われています。発色がしっかりするぶん、お肌への刺激が強いのが玉にキズです。キューティクルを開かせ、色を染み込ませます。2週間~1ヶ月は色がもち、徐々に落ちていきます。

ヘアカラートリートメント:HC染料など

ヘアカラートリートメントに使われるのは、タール色素とは違って、お肌に負担のないものばかり。キューティクルのすき間から細かい色素を入れ込みます。これがHC染料と天然染料の染め方です。

塩基性染料は、イオン結合という弱い化学反応を髪の表面で行うことで、髪の色味を変えます。入りやすい色味は流出しやすく、弱い化学反応も元に戻りやすいので、色もちは1週間~2週間と短めです。

使い方 

使われる染料の力で、色もちが変わってきましたね。使い方にも違いはあるのでしょうか。

ヘアマニキュア

 ヘアマニキュアは、刺激の強いタール色素がお肌にたれてしまわないように、薬剤の粘度を調整している商品がほとんどです。大きく分けて3種類ございます。

  • 液状
  • ゲル状
  • 泡状

初心者でも使いやすいように、ドラッグストアで販売されているのは泡状のヘアマニキュアが主流です。 

ヘアマニキュア 使い方

特別な道具を用意しなくても、泡で出てくるようになっています。ただ、泡で髪に留まってくれるのはほんの一瞬でした。放置時間の15分を前に、ダラ~っと垂れてきてしまったので、注意が必要です。

ヘアマニキュア 指についた とれない

しかも、うっかり手についてしまって、付属品のリムーバーで拭いたものの、色が抜けない恐怖を味わいました。結局、全ての色が落ちるまでに、丸3日要しました。

タール色素が、お肌に触れないように工夫はされているのですが、どうしても素人の技術では頭皮への付着が避けられないこと、また、ドジッてお肌についてしまったときの取れなさ具合にはまいりました。

あとは、洗い流してシャンプー・コンディショナーして完成です。洗い流すときも、身体につかないように注意しなくてはいけませんね。

ヘアカラートリートメント

乾いた髪につけるよう勧めるタイプと、シャンプー後につけるいつものトリートメントとの交換を勧めるタイプがございます。ただ、“ヘアカラートリートメント”と名のつくものであれば、どちらの使い方でも問題ありません。

今回は、乾いた髪につけて染めました。

ヘアカラートリートメント 利尻

素手での使用OKです。香りはスッキリで、鼻への刺激はありません。もったり髪の毛に絡んでくれるので、液ダレしにくいですね。

ヘアカラートリートメント ルプルプ 揉み込む

使用方法に書いてある時間分置いて、お湯でトリートメントをオフすれば完了です。もともと刺激の弱い染料ですし、髪や手に触れても問題ありませんもんね。それでも液ダレしないに越したことはありませんので、気づかいを感じる配合と粘度でした。

染め上がり

ヘアマニキュア ヘアカラートリートメント 染め上がり 比較 違い

どちらも、自然な黒に染まってくれました。ヘアマニキュアとヘアカラートリートメント、どちらなのか見分けがつかないくらい出来栄えは五分五分ですね。ただし、指通りを考慮すると、ヘアカラートリートメントに軍配があがりました。

かぶれないためにはどちらを使うのが良いの?

仕上がりは同等となりましたが、私たちのかぶれ肌的に考えるべき一番は、お肌への優しさです。染料の刺激からも明らかでしたが、染め方にもヒントがありましたね。

ヘアマニキュアを使う難易度

タール色素を、お肌に触れさせないように頑張ってくれていますが、セルフで行うにはハードルが高いのが現実です。小さい子がするような、“シャンプーハット”ならぬ“ヘアマニキュアハット”のような便利グッズがあればいいのですが、今のところありません。

ヘアマニキュアハットがあれば

シャンプーハットは、シャンプー剤が目に入らなければ目標達成ですが、“ヘアマニキュアハット”は、頭皮に一切髪の毛がつかないようにしなければいけません。仮に“ヘアマニキュアハット”がこの世にあるのであれば、10万本もある髪の毛が出る穴を作らなければいけないことに・・・。

ヘアカラートリートメントなら誰でもできる

現実的に、自宅で出来るかぶれない白髪染めと言うのは、ヘアカラートリートメントだということになります。ただ、誤解しないでいただきたいのは、タール色素を避けるためだけに、ヘアカラートリートメントを選んだわけではありません。

ヘアカラートリートメントで頭皮ケアも

ヘアカラートリートメントは、頭皮についても大丈夫な染料を使っていて、更に、頭皮の乾燥ケアを考えてくれている商品が多いのです。

今回、ご説明で使用した【ルプルプ】もその一つ。昆布由来の成分により、保湿力の高い仕上がりです。生え際に塗ってお湯で流しただけですが、突っ張らずにハリのある出来栄えとなり、驚きました。

この2つ 併用ってできるの?

質問として、よく見かける文章がございます。

ヘアカラートリートメントとヘアマニキュアの併用はできますか?

それぞれ、色もち期間が異なる二つを併用して、良い部分の恩恵を受け続けようというたくらみでしょうか。賢いですね!

そのアンサーはこちら。

併用しても大丈夫!

どちらも髪の表面に色を付けているだけの白髪染めですので、一緒に併用して使っても、問題ありません。

オススメ併用パターン

併用のパターンとして、オススメはこちらです。

ヘアマニキュア:美容院で2ヶ月に1回

ヘアカラートリートメント:自宅で週に1回

自力で行うことが難しいヘアマニキュアは、プロの力でタール色素を徹底ブロックし、きれいに染めてもらいましょう。美容院でヘアマニキュアをしてもらうと、安くても1万円以上します。

なかなか高価なヘアマニキュア施術は、何かイベントやお祝い事があるときにとっておく。新しく生えてきた白髪や、ヘアマニキュア部分の色あせは、ヘアカラートリートメントで日々ケアをする、という併用スタイルです。

ヘアカラートリートメントだけでも満足できる

私としては、ヘアカラートリートメンだけで、ヘアマニキュア分はまかなえると思うのですが、美容院に行くことが女性のストレス解消という一面もありますからね。2ヶ月に1回の自分磨き習慣、いかがでしょうか。

まとめ

かぶれる可能性のあるものを徹底的に省くと、ヘアカラートリートメントが白髪染めの最終形態のように思えてきましたね。ヘアマニキュアにも、発色が良いなど長所もありますので、職人(美容師)の監視下で、安全に使っていただけたらと思います。

染まりの弱いヘアカラートリートメントだって、カラーバリエーションは豊富です。自分の肌色と肌質に合った、ヘアカラートリートメントを見つけてくださいね。かぶれていた過去を忘れて、髪色を楽しみましょう。

もうかぶれたくない!

肌に優しい白髪染めをお探しの方へ


白髪染めでかぶれてしまった経験があったり、もともと肌が弱い人におすすめの白髪染めをランキングでご紹介しています。

皮膚がめくれるようなひどい肌荒れ、顔にまで沁みてくる薬剤。そんな劇物は、ここにはありません。

低刺激の染料を使用し、肌への負担が軽くなる工夫がしっかりされている白髪染めは、こちらからどうぞ。

btn-low

-肌荒れしない白髪染め比較実験

Copyright© 【祝かぶれ卒業】肌荒れしない白髪染めを探している人のためのサイト , 2017 AllRights Reserved.